Velodrome: Solidlyの後継者となるve(3, 3)プロトコル

Ledefiリサーチ事業部
TwitterFacebookHatena BookmarkLine

目次

  1. はじめに
  2. Velodromeとは
     2.(1) Velodrome v1
     2.(2) Velodrome v2
  3. Velodromeにおけるve(3, 3)トークノミクス
     3.(1) veトークノミクスとは
     3.(2) 3, 3トークノミクスとは
     3.(3) Velodromeにおけるve(3, 3)トークノミクス
  4. 他プロトコルにおけるve(3, 3)との比較
     4.(1) 各プロトコルが解決しようとしたこと
     4.(2) 各プロトコルの定性面での比較
  5. おわりに

エグゼクティブサマリ

  • Velodromeとは、2024年5月時点においてOptimism上で動作する3番目に大きいTVLを誇るDEXである
  • Velodromeはve(3, 3)トークノミクスを導入しており、直近ではLP向けの機能(集中流動性の実装やRelay)を導入している
  • Velodrome以外にもve(3, 3)トークノミクスを導入しているプロトコルが存在する
  • ve(3, 3)トークノミクスを導入するプロトコルはLP向けの報酬を拡充、もしくはガバナンス権の付与の方法に工夫を凝らしている
  • ve(3, 3)トークノミクスを導入するプロトコルにはそれぞれコアユーザーが根付いており、VelodromeがTVLでは最も大きい

1. はじめに

Velodrome[1]とは、2024年5月時点においてOptimism上で3番目に高いTVLを誇るDEXである[2]。VelodromeのTVLはUniswapよりOptimism上で高く、注目が集まる。VelodromeはLPに様々な種類の流動性プールを提供しており、Curve.fiのステーブルスワップのプールやUniswapのような定積型(CPMM)のプールを提供している。本レポートでは、Velodromeの最大の特徴であるve(3, 3)トークノミクスについて解説を行う。ve(3, 3)はCurve.fiのveトークノミクスとOlympus DAOの3, 3トークノミクスを組み合わせたもので、プロトコルのユーティリティトークンの売圧を下げることを企図したプロトコルである。Velodrome以外にもve(3, 3)トークノミクスを導入しているプロトコルも存在しているので、本レポートでは他のプロトコルとの比較も行う。

キーワード:Velodrome、veトークノミクス、3,3トークノミクス、ve(3, 3)トークノミクス、Velodrome Slipstream、Velodrome Relay、Thena、Equalizer、Chronos

(レポート全文は、ご契約頂いたアカウントにログインした上で、上部の「PDF」ボタンからご覧いただけます)

このレポートは有料会員限定のレポートです。そのため、有料会員に登録されている方のみレポートの続きをお読みいただけます。 本サイトは会員登録自体は無料で行うことができます。この機会に本サイトへの会員登録をご検討いただけると幸いです。 また、法人の方に向けた会員プランをご用意しておりますので、何卒ご検討願います。

こちらは有料プラン限定のレポートです。
個人向けの有料プランはリリース準備中となりますので少々お待ちください。